北海道

帯広の豚丼の持ち帰りBEST3!ぱんちょう?ぶたはげ?ぶたいち?

投稿日:

帯広の豚丼弁当
帯広の名物グルメと言ったら豚丼ですね!

それだけに帯広駅周辺を中心に、数多くの豚丼店がひしめいています。

お店で周りの雰囲気も味わいながら豚丼を食べるのも良いのですが、お昼時の人気店は大混雑することも。

そんなときには豚丼の持ち帰りが便利ですね。

好きなところで落ち着いて食べられます。

今回は帯広で豚丼をテイクアウトできる人気店のご紹介です。

Sponsored Link


帯広の豚丼 ぱんちょうの持ち帰り


帯広の豚丼の元祖と言えばこのお店、元祖豚丼のぱんちょうは知名度も人気も群を抜いています。

なにしろぱんちょうは昭和8年創業の超老舗豚丼専門店。

深いコクのある秘伝のタレと肉厚の極上豚ロースで、炭火の香りがきいた豚丼です。

こちらのお店のメニューで面白いのが、普通松・竹・梅といったら松が一番上なのですが、ぱんちょうの場合松(900円)、竹(1,000円)、梅(1,100円)、華(1,300円)という風に逆順になっています。

持ち帰りの方もお肉の量の違いで、1,000円、1,300円、1,650円の3段階です。

店舗は帯広駅北口のそばにあります。

お昼時は相席が基本になるので、ゆっくり食べたいなら電話で予約しておいてからテイクアウトですね。


元祖豚丼のぱんちょう

帯広市西1条南11丁目19
0155-22-1974

営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜・第1、第3火曜(祝日の場合営業、翌日休)

帯広の豚丼

帯広の豚丼のぶたはげ


帯広の天ぷら屋さん「はげ天」のグループ店である豚丼のぶたはげは、便利な帯広駅直結のお店です。

こちらも創業昭和9年の老舗。

北の大地で育った北海道産ブタをスパイスのきいた伝統のタレで焼き上げています。

メニューは豚丼(豚肉4枚)920円、特製豚丼(豚肉6枚)1,200円、小豚丼(豚肉2枚)650円、そしてテイクアウトの豚丼弁当(豚肉4枚)は940円です。

ぶたはげも持ち帰りの電話予約ができます。


豚丼のぶたはげ 帯広本店

帯広市西2条南12丁目 JR帯広駅エスタ帯広 西館
0155-24-9822

営業時間 10:00~(L.O. 19:30(テイクアウトは19:45))~20:00
定休日 第3水曜日

http://www.butahage.com/shop.html

Sponsored Link


帯広の豚丼 ぶたいち


ぶたいちは上の2軒とは少し雰囲気の違う豚丼専門店です。

というのも、食肉加工卸会社が直営するぶたいちは、帯広出身のお肉屋さんが作ったお店なので、当然お肉にこだわり抜いています。

それだけに豚肉の部位も選べて、ロース、バラ、ミックス、ヒレがあり、帯広の豚丼専門店としてはメニューが豊富です。

価格の一例として、ロース豚丼900円、特上ロース豚丼980円(大盛り1,280円、特盛り1,600円、特上バラ豚丼1,140円、ミックス(ロース・バラ)豚丼950円、特上ミックス豚丼1,200円など。

もちろんテイクアウトメニューの各種豚丼弁当があり、電話予約が可能です。


場所的には、ぶたいちは帯広駅から少し離れていて、車で5分位のところにあります。


ぶたいち 帯広本店

帯広市西8条南11丁目1-2
0155-26-4129

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休

http://www.obihiro-butaichi.com/info.html


まとめ


スタンダードな「元祖豚丼のぱんちょう」は帯広駅のそば、スパイシーな「豚丼のぶたはげ」は帯広駅直結です。

老舗2店に対して、メニューが豊富な肉屋直営の「ぶたいち」は帯広駅から車で5分ほどのところにあります。


>> 帯広のランチバイキング人気店は?

Sponsored Link


おすすめ記事

-北海道
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.