北海道

小樽のグルメといえば?観光スポット周辺と小樽運河周辺のグルメ

投稿日:

小樽朝市
札幌の北西にある港街、レトロな雰囲気が観光客に人気の小樽。

海鮮が美味しい!というイメージが強い北海道の中でも、小樽はそのグルメへの期待が高い街ですね。

小樽には新旧大小の様々なグルメ店がひしめいており、一挙に数多く紹介されてもかえって選べなくなってしまいかねません。

今回は小樽の人気グルメの定番と、個人的におすすめのお店をお伝えしたいと思います。

Sponsored Link


小樽のグルメといえば?


やはり小樽といえば海、寿司や海鮮丼などの海鮮系に人気があります。

確かに海鮮が美味しいお店はたくさんあるのでしょうが、チョット気をつけたいのは人気の観光地だけに、グルメも観光地価格になりがちなことです。

一概にはいえないのですが、小樽の街中で大きく立派な店構えのところには、そういうところがあります。
(あくまでも個人的な意見です。)

小樽の漁港でとれた魚以外は、ヨソから仕入れることになるので、その分は他の街と同じことになるでしょう。

ただ考え方によっては、雰囲気のいいグルメ店でお食事するのも観光のうちですから、そこはもうお好み次第ですね。


JR小樽駅を出て左に行くとすぐのところに、小樽三角市場があります。

ここは200mの道の両脇に15店のお店が立ち並んでいるところで、鮮魚店や海産物などのお店と6店のグルメがあり、朝の7時からお食事可能なのは朝市ならではですね。
(ちなみに市場は朝6時から)

ここなら具材がモリモリのウニ丼やイクラ丼などの海鮮丼を食べることができます。

お値段もそれなりではありますが、もしかしたらそう思うのも道民だからなのかもしれません。


個人的におすすめのグルメ店は小樽駅から約1㎞、徒歩で約12分と少し離れたところにありますが、庄坊番屋というところです。

元々は小樽消防署だった建物を利用した「寿し・天ぷら・うなぎ」のグルメ店は、昭和の雰囲気が色濃く残る小樽の街並みに溶け込んでいます。

ネタの質もボリュームも口コミの評価も高く、地元民も何かの記念日や人が集まるときなどに利用しているお店です。

駐車場もありますから、車で移動している場合でもおすすめできます。

http://www.shobobanya.jp/


それでは次に、観光スポット周辺と小樽運河周辺のグルメでイチオシなところをお知らせしましょう。

小樽の観光スポット周辺のグルメ


祝津から見た石狩湾
観光スポットを代表して、小樽水族館のすぐ近くにあるグルメを紹介します。

石狩湾が目の前にある青塚食堂は、刺身や海鮮丼、そして焼き魚定食などを食べることができる民宿併設の食堂です。

おすすめは八角焼定食

八角はっかくというお魚をご存知ですか?

正式名はトクビレという深海魚で、見た目はちょっとグロテスクな魚ですが、身は脂ののった白身で、これが煮ても焼いても生でも美味しいんです。

北海道の特産なので、食べたことがなかったら一度試してみてください。

http://www2.odn.ne.jp/aotuka/index.html

料理の値段はその場で確認することを推奨。

ネット上にある価格はあてにできません。

何しろ時価ですから…

Sponsored Link


小樽運河周辺のグルメ


小樽運河周辺のグルメといえば、定番は文字通り「小樽運河食堂」でしょうね。

小樽運河沿いにある石造りの旧倉庫街の一角で、観光名所の景観としての一部にもなっています。

小樽運河食堂の中には海鮮、寿司屋、ラーメン、ビアホールなどのグルメが並んでいるので、選択肢の幅があるのがいいですね。

http://www.comsen.jp/otaru/otaru_menu.html


運営は札幌のすすきのなどでも飲食店を営業している会社なので、質的にも一定の水準以上だと思いますが、観光客向けかなという印象は受けます。
(あくまでも個人的な意見です。)


もしお寿司を食べるのであれば、お隣の「函太郎」とか、反対側の「和楽」なら回転寿しでもネタに遜色はないし、リーズナブルでいいかなという気もします。

まとめ


小樽に観光で訪れた時のグルメ店ということであれば、雰囲気とかロケーションとかも大事ですよね。

そういう気分的なものを最重要視するのか、値は張ってもとにかくゴージャスなグルメにするのか、リーズナブルにボリュームをとるのか…

メインテーマを決めて、お店選びをするといいですね。

札幌から小樽へ車で一般道を走る?高速道路で時間短縮する?


Sponsored Link


おすすめ記事

-北海道
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.