紫外線対策

日焼けのケアに美白の食べ物?炎症を抑えてシミを消す

投稿日:

緑黄色野菜
紫外線を浴びて日焼けしたときに、気になるのがシミ・そばかすなどのお肌のトラブル。

夏の強烈な紫外線によって、お肌はダメージを受けやすくなっています。

サンスクリーン剤で紫外線をブロックして、日焼けを抑えるのは当然として、食べ物でケアすることによって炎症を抑えたり、日焼けからの回復を早めたりすることが期待できます。

Sponsored Link
  

日焼けのケアを美白効果の食べ物で?


食べ物で期待できる効果には次のようなものがあります。

炎症を抑える
抗酸化作用
皮膚の再生
美白作用

日焼けにはサンバーンとサンタンのふたつがあります。

それぞれの日焼けに良い食べ物を見ていきましょう。

日焼けの炎症を抑える食べ物


紫外線によって皮膚が炎症を起こしてやけど状態になるのがサンバーンです。

炎症を抑えてくれる栄養素にω-3系の脂肪酸があります。

ω-3系の脂肪酸にはα-リノレン酸、EPA、DHAがあり、そしてそれらは亜麻仁油、エゴマ油、そして魚油などに含まれています。

アレルギーの抑制や、脳の活性化でも注目されていますね。

Sponsored Link


日焼けによるシミを消す食べ物?


紫外線の刺激によって活性酸素が発生し、メラニン色素が増えるのがサンタンです。

シミの原因ともなる活性酸素を消してくれるのはカロチノイドです。

カロチノイドにはβ-カロチンやリコピンなどがあります。

β-カロチンを多く含むものにはにんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなどがあります。

リコピンはトマト、スイカ、グレープフルーツなどに含まれています。


また活性酸素によって過酸化脂質ができることがシミの原因になりますが、抗酸化作用によって過酸化脂質の発生を抑制し、また抗炎症作用も持っているのがビタミンEです。

ビタミンEはうなぎ、アーモンド、アボガドなどに含まれています。

紫外線対策に食べておきたい食べ物です。

さらにビタミンEはビタミンCと一緒にとると相乗効果があります。


そしてビタミンCはシミ・ソバカスの原因であるメラニン色素の発生を抑制し、また発生したメラニン色素を薄めてくれるのです。

まさに日焼け対策のための栄養素ですね。

ビタミンCを含む食べ物には、レモン・イチゴ・キウイフルーツ、ブロッコリーなどがあります。


まとめ


カロチノイドには体内でビタミンAとしての働きもあります。

ビタミンAは細胞の正常化に必要な栄養素で、紫外線でダメージを受けたお肌の回復にも欠かせません。

お肌の美容に効果のある色鮮やかな緑黄色野菜と果物は、日焼けからの回復に良い食べ物だと言えます。

Sponsored Link


おすすめ記事

-紫外線対策
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.