紫外線対策は目にも!子供は特に気を付けて。目薬の効果は?

更新日:

サングラスの子供
6月から8月にかけての夏場は、特に紫外線が強くなりますね。

遮るものが何一つ無い快晴の海では紫外線も暴力的に強くなり、また標高の高い山も紫外線の影響が強くなる場所です。

つまり夏場のレジャーに紫外線対策は欠かせないということで、もちろんみなさんは日焼け止めなどで対策を講じられていると思いますが、目の紫外線対策は万全ですか?

色付きのサングラスを装着していれば大丈夫、とは言い切れない事情があります。

Sponsored Link


紫外線対策は目にも!


色付きのサングラスはたしかに眩しさを軽減してくれますが、紫外線をどれだけカットしているかは別問題になります。

いわゆる安物だとUVカット率がわからないものが多いので、“UV99%カット”などの数値が明記されたものを選びましょう。

色のついていないクリアレンズでもUV100%カットのサングラスもありますので、シチュエーションに合わせてメガネを選ぶことができます。


さて紫外線のダメージから引き起こされる眼病予防にサングラスが必須アイテムとなるのはよく知られていることですが、実は目に紫外線が入ることで体には直接紫外線を浴びなくても日焼けしてしまうという研究結果が出ています。

目に強い紫外線があたると、周囲の日差しが強いと脳が判断して、シミやシワの原因となるメラニンが増えてしまうというメカニズムです。

眼病予防+お肌の老化予防のために紫外線対策を目にも施す必要があります。

子供の目こそ紫外線対策が重要


赤ちゃんとサングラス
成長の過程にある子供の目はデリケート。

大人よりも紫外線の影響を強く受けるといわれているので、十分な対策が必要になります。

夏場に一日中、外で遊んでいた子供が夜になって目の痛みを訴えたことはありませんか?

また、子供のうちにたくさんの紫外線を目に浴びると、大人になってから眼病を発症するリスクが高まるという説もあります。


日本の子供のサングラス装着はまだ一般的とは言えないかもしれませんが、欧米ではすでに常識となっています。

紫外線のリスクに対する意識の高さの現れですね。

日本では親はサングラスを装着しても子供は装着していないほうが、まだまだ多数派のようです。

Sponsored Link


紫外線対策に目薬の効果は?


ところで“紫外線用の目薬”がいくつか市販されていますが、これは紫外線対策になるのかというと、UVカットの効果があるわけではありません。

こちらの方は紫外線を浴びた後のダメージに対するケア商品になっています。

紫外線によって引き起こされた角膜の炎症を抑えたり、目の充血を取り除くのが紫外線ケア目薬の役割です。


今行われている製薬会社の研究では、目薬の成分による紫外線ダメージの抑制作用や、さらに“美白効果”の可能性が発見されており、今後の研究成果に期待されます。


まとめ


やはり目の紫外線対策には、何と言ってもUVカットのサングラスですね。

一般的な濃い色のついたサングラスに抵抗があるかたにも、今はクリアタイプのUVカットグラスがあります。

むしろ車の運転中にトンネルに入ったときなどにはクリアタイプの方が、色付きのサングラスのうように前が見えなくならなくて便利ですね。


もちろんお肌の紫外線対策もお忘れなく。

>> 赤ちゃんから大人まで使える【For fam(フォーファム)】多機能アウトドアUVミルク
 

Sponsored Link


おすすめ記事

-
-,

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.