夏は髪の紫外線対策をトリートメントやスプレーでケア!

投稿日:

夏に日傘をさして髪の紫外線対策をしている子ども
夏の髪への紫外線対策はバッチリですか?

夏の紫外線はお肌を健康的な小麦色にしてくれますが、浴びすぎるとトラブルの原因にもなりますよね。

髪の毛の場合は、紫外線を浴びても特に良いことがないばかりか、様々なダメージを与える原因になってしまいます。

枝毛、切れ毛、ツヤ・ハリ・コシの減少、ごわつき・ぱさつき…

髪の毛の強度が低下するとともに、色も変退色によって赤くなってきます。

これは髪の主な成分となる「ケラチン」に多く含まれているアミノ酸の「シスチン」が、長時間紫外線を浴びることで分断されてしまい、髪の表面をガードしている「キューティクル」がはがれてしまうからなのです。

一年を通してヘアケアされているとは思いますが、特に夏場は髪の紫外線対策に注意が必要になりますね。

Sponsored Link


夏は髪の紫外線対策をしっかりと

帽子

髪を夏の強い紫外線から守るためにはまず帽子でしょう。

つばの広い帽子だと日陰の面積も大きくなるので効果的です。

つばの広い夏の帽子というと麦わら帽子が思い浮かびますね。

通気性がよくて涼しいので、さすが季節商品といったところですが、実は紫外線対策ということだけでいうと、黒色の帽子の方が遮断性が高くなります。

ところが日差しの強い時に黒の帽子は暑いんですよね…

そんな時には特殊繊維が編み込まれた「UVカット帽子」が効果的です。

日傘

ロングヘアーになると帽子だけではカバーできないかもしれませんね。

そんな時には、(ほぼ)女性用アイテムの「日傘」が威力を発揮します。

日傘の場合も色は黒の方が紫外線を吸収してくれますし、そのことがテレビ番組で紹介されたこともあって、黒い日傘が売れています。

でもせっかくならオシャレな日傘を持ち歩きたい、というときには「UVカット日傘」です。

表面が明るい色の方が、見た目にも涼しげになりますよね。


髪の紫外線対策をトリートメントで


そして髪全体をしっかりと紫外線からガードするためには、UVカット成分入りのトリートメントですね。

いつものシャンプー・トリートメント→タオルドライの後、洗い流さないタイプのトリートメントを髪に塗布してドライヤーをかけます。

トリートメントをつけすぎたり、根元につけたりするとベタベタになることがあるので、商品の説明書をよく読んで使いましょう。


トリートメントには、少量でよく伸びてツヤも潤いも効果バッチリなオイルタイプのトリートメントと、オイルはちょっと苦手な方、しっとり感がほしい方にはミルクタイプのトリートメントがあります。

Sponsored Link


髪の紫外線対策はスプレーが手軽


夏のお出かけ前にサッと髪の紫外線対策をしたいときには、髪の毛用の日焼け止めスプレーが便利です。

スタイリング後に髪全体にスプレーします。

手を汚さずに髪のコーティングができ、同時にツヤを与えてダメージケアもしてくれますし、出先で手軽に使えるのがいいですね。


そして外出から帰ったら、しっかりシャンプーでスプレー剤を洗い落としておくこともお忘れなく。

まとめ


髪の毛には、お肌のような自然回復力はないので、日焼けしないように予防することが第一です。

夏の髪への紫外線対策は、

・帽子をかぶる
・日傘をさす
・髪用のUVカット(日焼け止め)をつける

そして外出から帰ったら、日光を浴びてダメージを受けた髪をいたわるように、シャンプー後のトリートメントやオイルで栄養補給をしてあげましょう。

その日のうちにケアしておくことが大切です。

Sponsored Link


おすすめ記事

-
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.