スタッドレスタイヤはホイールセット?タイヤのみ?保管場所はどうする?オールシーズンタイヤはどう?

更新日:

スタッドレスタイヤ
雪国で冬道を車で走るには冬用のタイヤが必要です。

スパイクタイヤがなくなった今では、スタッドレスタイヤを装着することになります。

夏用タイヤと冬用タイヤの2組を用意しなければならないので、その分お金もかかりますし保管場所もとりますが、これも雪国では必需品なので仕方がないですね。

さてスタッドレスタイヤを用意するときには、ホイール付きで購入するのがいいのでしょうか。

Sponsored Link


スタッドレスタイヤはホイールセットで買う?タイヤのみ?


スタッドレスタイヤを購入するときには、ホイールセットで買う方法と、タイヤのみを買う方法があります。

車に最初から装着されている、夏タイヤが組み込まれたホイールしかない場合は、スタッドレスタイヤをホイールセットで購入するのが一般的です。

その場合、夏タイヤがアルミホイールに組み込まれていても、スタッドレスタイヤはスチールホイールに組み込んで買うとホイールの差額分安く済みます。

もしも、例えば標準装備が夏タイヤ+スチールホイールで、後からアルミホイールを買って組み替えた場合など、タイヤが付いていないスチールホイールが余分にあれば、スタッドレスタイヤのみ購入してそのホイールに組み込むことも可能です。


なお、シーズンのたびに標準装備のホイールセットに夏タイヤとスタッドレスタイヤを組み替えて使うことは、タイヤのホイールとの接触部分(通称ミミ)を傷めることになりかねませんし、工賃がその都度余計に発生するのでおすすめしません。


ちなみに購入するときには駆動輪の分だけではなく、4本全輪買いましょう!

スタッドレスタイヤは駆動輪だけでいい?二本だけとタイヤチェーンとの比較



スタッドレスタイヤの保管場所


一年を通して夏・冬どちらかのタイヤセットを保管しなくてはならなくなります。

一軒家の場合と、分譲マンションならたいてい保管室があるので大丈夫だと思います。

賃貸アパートでも物置等がある物件もありますが、問題はそういうスペースがない場合ですね。

スタッドレスタイヤを販売しているカーショップなどで保管サービスをしているところを利用すると、お店によりますが年間数千円で預かってもらえます。

タイヤ交換するたびに保管場所から出し入れしたり車に積み下ろししたりしなくてよくなるので、お金はかかっても楽になります。

特にRV車などのタイヤが大きい車種では顕著です。


もしベランダなどに保管する場合には、タイヤカバーをかけて直射日光があたらないようにして、ゴムが劣化するのを防ぎましょう。

また一階に住む場合は、盗難防止にチェーンなどをかけておきたいところです。

Sponsored Link


スタッドレスタイヤの代わりにオールシーズンタイヤ?


欧米などではオールシーズンタイヤが普及していますが、日本ではあまりメジャーではありませんね。

スノーフレークマークの入ったオールシーズンタイヤなら、年に数回しか雪が降らないような地域に対応できますが、氷上性能はスタッドレスタイヤにはかないません。

一年中タイヤ交換なしで走れるのは確かに便利なのですが、北海道や東北地方と信越地方のような寒冷地の冬道にはスタッドレスタイヤが必要といっても過言ではありません。

スタッドレスタイヤでも曲がりきれない・停まりきれないことが多々あるのですから…


まとめ


初めてスタッドレスタイヤを購入するときには、ホイールセットで買うのが一般的です。

2回目からはタイヤのみ購入してホイールを組み換えて使用します。


タイヤショップで保管してもらうと、年2回のタイヤ交換のときにも便利です。


雪国にはオールシーズンタイヤは向いていません。

どうしてもタイヤ交換したくない方はスタッドレスタイヤを夏の間もはきつづける方法もあります。

ただし高速性能やウェットグリップ性能などが夏タイヤより劣ること、タイヤの摩耗限界を表すスリップサインより先に現れるプラットフォームが出たら冬タイヤとしては使えないことを留意しておく必要があります。



Sponsored Link


おすすめ記事

-
-,

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.