インフルエンザ対策に乳酸菌による免疫力の向上とその効果

更新日:

ウイルスを撃退する乳酸菌
インフルエンザ対策には乳酸菌が良いと言われていますが、その理由はご存知でしたか?

一口に乳酸菌といっても多種多様な菌がありまして、それぞれに特徴があるのですが、基本的にその名の通り腸内で乳酸を出して酸性に保つことで善玉菌が働きやすい腸内環境に整える働きがあります。

インフルエンザなどのウイルスから体を守ってくれている免疫細胞は、その60%から70%が腸に存在しているので、免疫力と腸内環境には切っても切れない縁があるのです。

Sponsored Link


インフルエンザ対策に乳酸菌


いくらインフルエンザが流行しているときでも、発症しないでシーズンを乗り越えられる人もいます。

それは体内にインフルエンザウイルスが侵入しても、免疫システムがウイルスをやっつけてくれているからです。

みんなが持っているはずの免疫システムなのに、どうして人によって違うかと言えば免疫力の違いが大きな理由になります。


ですから流行シーズンの前に免疫力を十分に高めておくことが、インフルエンザ対策の一つになると言えます。

そして免疫力を高めることに乳酸菌が一役買うのです。


インフルエンザへの免疫力と乳酸菌


免疫細胞の6・7割が腸内環境の影響を受けるわけですが、腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスに影響されます。

乳酸菌をはじめとする善玉菌が優勢になっていればいいのですが、偏食、運動不足、そしてストレスなどによってバランスがくずれがちになり、そして避けることのできない加齢によって善玉菌は減少してしまうのです。

そして腸内環境の悪化は免疫細胞へも悪影響を与えかねません。

免疫細胞を活性化して免疫力を高めてくれる善玉菌が減少してしまうからです。

本来であれば生活習慣と食事によって腸内環境を整えることができればいいのですが、それがなかなか難しい時にはサプリメントなどで乳酸菌を補う方法があります。

Sponsored Link


インフルエンザへの乳酸菌の効果


一口に免疫細胞といっても色んな役割を持った細胞がそれぞれの活動をしています。

簡単に説明すると、まず免疫細胞には二つのグループがあります。

侵入してきた細菌やウイルスを見つけしだい攻撃するグループと、それでも退治しきれなかったときに侵入物の情報を読み取って攻撃するグループです。

一般的に乳酸菌によって腸内環境を整えると、前者の代表であるNK細胞が活性化されます。


さらに特定の乳酸菌には後者の免疫細胞も活性化するものがあります。

例えばラクトバチルス・アシドフィルス菌という人間の体内にも元から生息している乳酸菌は、腸内環境を整えてNK細胞が働きやすくするだけでなく、その他の免疫細胞も活性化することがわかっています。

もしサプリメントで乳酸菌を補給するなら、色々な種類の乳酸菌が配合されたものが幅広い効果が期待できるのでいいですね。


まとめ


乳酸菌を補給することで腸内環境が整うと、食べた物からの栄養の吸収がよくなり、また消化したものが腐敗して毒素を出すことを防いでくれるので、体全体の健康につながります。

そしてそれだけではなく、乳酸菌には免疫細胞たちに直接的に働きかけて活性化させる力があることもわかりました。

もちろん人間が生まれながらに持っている免疫力がアップすれば、インフルエンザウイルスのみならず、他のウイルス対策にもなるわけです。



Sponsored Link


おすすめ記事

-
-,

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.