ドッジボール

ドッジボールとドッチボール 正しいのは?ドッジの意味と歴史

更新日:

ドッジボール公認球 モルテン
おそらくは、知らない人はいない、見たこともやったことないという人もいないスポーツのドッジボール

あれ?ドッジボール?ドッチボール?

さて、カタカナで書くときに、正しいのはどちらでしょうか。

答えはドッジボールの語源にありました。

Sponsored Link


ドッジボールとドッチボール、正しいのは?


ドッジボールを英語で書くと、”dodgeball”になります。

dodgeの「-dge」は、

bridge(橋)

judge(審判)

lodge(ロッジ)

などの「-dge」と同じなので、正しいのは「ドッジボール」になります。

日本のドッジボール公式団体の「JDBA」も一般財団法人日本ドッジボール協会という表記なので、ドッジボールで間違いないですね。


ドッジボールの「ドッジ」の意味は?


ではドッジボールの「ドッジ」の意味はというと、

・すばやく身をかわす

・巧みに体をかわす

という意味です。

ですから、テニスを庭球、サッカーを蹴球と書くように、ドッジボールを漢字で書くと「避球」になります。

ちなみにですが、英語の「dodgeドッジ」には、

・ごまかす

・言い逃れる

という意味もあります。

(プログレッシブ英和中辞典(第4版)より)


Sponsored Link


ドッジボールの歴史


ドッジボールの起源、歴史は諸説あるようで、ケニアの風習が原点になっているという説もあるようですが、いちおう日本での有力な説としては、イギリスが発祥の地となっています。

時代は1900年から1940年頃と言われています。

当初の呼び名は「ドッジボール」ではなく「デッドボール」でした。

ちなみに野球の”デッドボール”は和製英語でこれとは別なものですが、意味的には近いかもしれませんね。

それはともかく、ドッジボールの原型のデッドボールでは、円形コート上に敵味方に分かれて競技します。

そして守る側はボールを避けるのみで、キャッチは認められないルールになっていました。

今のドッジボールよりもdodgeドッジらしい競技だったのですね。

それが日本で広められたのは1909年、円形デッドボールという名前で可児徳さんと坪井玄道さんによって紹介されました。

この頃から既に子どもたちに人気のスポーツとなったようです。


その後1917年には四角いコートが登場します。

さらに1926年、ついに「ドッジボール」という今の呼び名に変わりました。


まとめ


ドッジボールとドッチボールのどちらが正しいかということは、ドッジボールの英語の綴りが”dodgeball”ということから、ドッジボールが正しいということでした。

そしてドッジボールの「ドッジ」という言葉は、避けるよける避けるさけるという意味になります。

初期のドッジボールはボールを避けるだけの競技でしたが、今ではキャッチすることによって攻守が目まぐるしく交代する、展開の早いスリリングなスポーツになりました。


ドッジボールのプロについて

ドッジボールにプロはある?オリンピックは?日本代表は?


Sponsored Link


おすすめ記事

-ドッジボール
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.