ドッジボール

ドッジボールのコツをつかんでキャッチが上手くなる方法は?

更新日:

ドッジボールキャッチのコツ
ドッジボールの受け方・取り方にもコツがあって、コツをつかむまではなかなかキャッチできないこともありますね。

また公式競技ドッジボールのチームでも、ジュニアではキャッチできていたのに、全国大会に出場できるD-1に上がったとたんにキャッチできなくなることもあります。

ボールが重く硬くなり、スピードも格段にアップするので無理もないのですが、コツをつかんで(思い出して)キャッチが上手くなる方法にはどんなことがあるのかを今回記事にしました。

Sponsored Link


ドッジボールのコツ キャッチ編


まずドッジボールのキャッチには、アタックを取るためのボディキャッチと、パスやパスカットのときにつかうハンドキャッチがあります。

 

ボディキャッチのコツ


手だけで取ろうとすると、ボールをはじきやすくなるので、体の正面で腕と体で包み込むようにボールを取ります。

脚は肩幅に開いて腰を低く落とし、低めに球が来たときには両膝をついて下から救い上げるように取り、背中を丸めて体全体でボールの勢いを抑え込むのがボディキャッチのコツです。

 

ハンドキャッチのコツ


手を八の字に構えて腕をのばし、キャッチするときに肘を曲げることでボールの勢いを吸収します。

ボールを取ってから素早く投げる動作に移れることがハンドキャッチのメリットです。

ボールを包み込むように手を八の字にして、体の中心で取るのがコツで、高速パスをするときには必要な取り方になります。

ドッジボールでキャッチできない原因


上手くボールをキャッチできない原因には次のようなものがあります。

・ボールに対して正面を向いていない。

・取るときに目をつぶってしまっている。

・腰が高すぎる、低すぎる、引けている。

・ボールを取る瞬間に背中を丸めて、体で球の回転を抑えこむことをしていない。

次はドッジボールのキャッチが上手くなる方法についてです。

Sponsored Link


ドッジボールのキャッチが上手くなる方法


キャッチできない原因を克服していくことがひとつと、難しい球に手を出さないようにすることも大切です。

取れるボールが来るまで上手くよけて耐え忍びます。

そのためには取るかよけるかの判断をすばやくすることが重要で、またボールから目を離さないようにしなくてはなりません。

けっこうボールへの恐怖心から目をつぶってしまうことがあるんですよね。

それを克服するには成功体験を積むこと。

つまり、上手くボールをキャッチできる練習をすることが大切になります。

どういうことかと言いますと、キャッチが上手くなるようにするために速い球を取る練習をさせる場合がありますが、本人が取れないような速すぎるボールでは、キャッチできない練習をしているのと同じになる可能性があります。

ですから子供の技量に合わせた速度のボールを投げることで、正しい取り方でしっかりボールをキャッチする練習を繰り返し、体に動作を覚えさせながら、自信もつけさせていくことが肝心なのです。

ぜんぜん取れないような球で練習しても上手くなりませんし、怖くて目をつぶってしまえば速さに目が慣れることもありません。

まとめ


ボールを上手くキャッチするには、球の勢いや回転を吸収するようにしなくてはなりません。

それにはバチンと手のひらだけで取るのではなく、手首や肘、体を使ってボールの勢いを抑えることが大切です。

実際、上手にキャッチする子を見ていると、スポッという感じで衝撃を吸収して取っています。


>>ドッジボールの投げ方のコツは?取り方や勝つためのコツは?

Sponsored Link


おすすめ記事

-ドッジボール
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.