ドッジボール

ドッジボールで勝つためのコツは?アタッカーの投げ方と外野について

更新日:

ドッジボール アタッカーと外野
多くの競技・スポーツの場合、ある程度決まった攻撃パターンがあります。

色んな人が様々な方法を試みた結果、だいたい同じような作戦にたどり着くことが多いです。

公式の競技ドッジボールを見ていても、基本的な攻撃パターンはどのチームもほぼ同じです。

今回はドッジボールで試合に勝つための攻撃方法についてご紹介していきます。

Sponsored Link


ドッジボールで勝つためのコツ


ドッジボールで試合に勝つための攻撃側のコツとしては、とにかく相手の体制を崩して身構えきれていないところを狙うことです。

そのためには味方の内野と外野の間で素早くパスを回して、敵の内野が攻撃を避けようとしてヨロヨロになるようにします。

ボールを持っている人に対して正面を向いていない人、距離を離すことができなかった人が狙い目です。

速いパスを投げることができる人を内野と外野に置くことが必要になります。

>> ドッジボールの投げ方のコツは?取り方や勝つためのコツは?

ドッジボールのアタッカーの投げ方



競技ドッジボールの場合、内野で攻撃を受け持つアタッカーを1人、または2人置いているのが通常です。

アタックの狙いどころとしては、まず相手の足元になります。

それから肩口も狙い目です。

また、アタックのボールを投げるコースとして真正面のほかに、クロスと逆クロスがあります。

クロス


右投げの場合、向かって正面よりも左側の相手に投げるコースです。

テニスや野球などの打球系でいう”引っ張る”方向になります。

自然とボールに加速がつくので威力のある投球になるのが特徴ですが、あまり端の方を狙うと距離が長くなってしまうのでキャッチされやすくなるので注意が必要です。

逆クロス


右投げの場合、向かって正面よりも右側の相手に投げるコースです。

テニスや野球などの打球系でいう”流し打つ”方向になります。

クロスとは反対に、球の威力は落ちやすいのですがフェイントの効果があり、特にクロス方向を見ながら逆クロスに投げると効果的です。

ただし威力が落ちる分、相手にコースを読まれるとキャッチされやすくなるので、多用はしない方がいいでしょう。


基本的な攻撃の流れとしては、

相手のアタックをキャッチする

外野にパスする

内野にいるアタッカーにパスする

内野にいるアタッカーはコート中央辺りから助走しながらパスを受け、そのままの勢いで投球(ランニングスロー)します。

このときセンターラインを踏んで、オーバーラインにならないように気をつけましょう。

また、外野のコントロールとタイミングが必要になるので、連係プレイの十分な練習が必要です。

Sponsored Link


ドッジボールの外野のコツ


アタッカーが投げる球の強さも大事ですが、外野の動きもかなり重要です。

内野からのパスされた球を、素早くアタッカーに返したり、敵の体制が崩れていたらアタックしたりと、臨機応変な動きが求められます。

次に上げる要素を持っている人が有利なります。

・背が高い → 内野からのパスがそれたときに対応できる

・俊敏な動き → 外野の中を素早く移動して相手の体勢を崩す

・助走なしでもある程度強い球を投げることができる

・冷静で判断力がある

もちろん持っていれば有利というだけで、すべての条件を満たしている必要などはありません。

ただ最低限のキャッチ力がないと、アタックが外れたときの流れ弾がコートの外に出てアウトオブバウンズになり、相手の内野ボールになってしまいます。


まとめ


選手の能力がみんな同じなら、全員キャッチで全員アタックという作戦もあります。

ですが大抵の場合ひとりやふたり、上手な人がいると思います。

その場合はその人に球を集める=アタックを任せたほうが、敵の選手をアウトにする確率が上がります。


ドッジボールの必勝法!作戦と戦術[攻撃編]


Sponsored Link


おすすめ記事

-ドッジボール
-,

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.