7月に咲く花と花言葉!きれいな花には(言葉の)トゲがある?

アジサイ
今回は、7月に咲く花花言葉をご紹介したいと思います。

夏も盛りの7月、太陽が輝くこの季節に咲く花たちは、色がくっきりとしたカラフルな花が多いですね。

7月に咲く花は数多くあって、その花言葉も花の数だけありますが、花のイメージとは違う意外な花言葉も中にはあります。

Sponsored Link


朝顔(あさがお)の花言葉


淡い恋、愛情、固い絆

アサガオは日本を代表する花で、江戸時代から改良されてきた歴史があります。

アサガオの種子は、牽牛子(けんごし)という名で漢方薬として使われており、昔の中国ではアサガオと牛を交換するほど高価なもので、牛を引く花=牽牛花(けんぎゅうか)という別名があるほどです。

小学生のときに一度は育てたことがありますよね。


紫陽花(あじさい)の花言葉


移り気、浮気、無情、冷酷、冷淡、高慢、辛抱強い愛情(青)、元気な女性(ピンク)、寛容(白)

日本原産のアジサイを、ヨーロッパで品種改良したもので、セイヨウアジサイとともいいます。

日本各地のいたるところで咲いている花ですね。

土壌のPHによって花の色が変わることも良く知られています。


桔梗(ききょう)の花言葉


清楚、気品、永遠の愛、誠実

秋の七草にも数えられている花で、秋の花というイメージもありますが、最盛期は6月から7月頃です。

キキョウ

百日紅(さるすべり)の花言葉


雄弁、愛嬌、不用意

サルスベリの原産国は中国。

サルが登ろうとしても樹皮がツルツルしていてスベルことが、サルスベリという名の由来です。

Sponsored Link


露草(つゆくさ)の花言葉


尊敬、なつかしい関係、変わらぬ思い

日本各地から世界中に見られる一年草で、水溶性の青い色素を持っています。

水洗いをすると簡単に流れる性質があるので、友禅などの染め物の下絵を描く時に、この花の色素が絵の具として使われました。

アサガオと同じように、朝咲いて午後にはしぼんでしまう一日花です。


半夏生(はんげしょう)の花言葉


内気、内に秘めた情熱

半化粧と書くこともあり、片白草と呼ぶこともあります。

本州から沖縄に分布している白い花です。

ハンゲショウ

向日葵(ひまわり)の花言葉


栄光、私の目はあなただけを見つめる、愛慕、崇拝

北アメリカ原産の一年草です。

太陽の動きにつれて花も向きを変えるということから、ヒマワリの名がつきました。

夏を代表する花ですね。


鳳仙花(ほうせんか)の花言葉


激しい愛、私に触れないで

東南アジア原産の一年草で、観賞用としてよく栽培されています。

沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」のてぃんさぐは、このホウセンカのことです。

ホウセンカ

百合(ゆり)の花言葉


純粋、無垢、威厳

ヤマユリ、オニユリ、テッポウユリなど、非常にたくさんの種類がある花です。

球根は百合根として食用になっていますね。


俳句の夏の季語になるお花たち
俳句を詠むときの大事な決まりごとのひとつに季語がありますね。 季語は春・夏・秋・冬の四季と、新年を合わせた5つの季節をあらわすための言葉です。 さらに季語は、時候、天文、地理、人事、行事、忌日、動物、植物、食物の9つの項目に分かれています。 今回はその中でも季節は夏、そして植物の中から季語にできる花に絞って記事にしました。

Sponsored Link


おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました