沖縄

与那原大綱引き2019は令和初の開催に!

投稿日:

与那原町の町花:ハイビスカス

与那原町の町花:ハイビスカス


2019年与那原町は町制70周年を迎えます。与那原大綱曳まつりは内閣総理大臣賞、並びに70周年に相応しく、そして令和初の開催ということもあり、8月3日~4日の2日間、華々しく開催されます。

Sponsored Link


期間

期間は毎年変わり、通常は旧暦6月26日以降の土・日曜日です。
(ちなみに2019年の旧暦6月26日は今の暦では7月28日になりますが、諸事情により8月の第一土日になりました。)

場所

場所は沖縄県与那原町の与那原小学校前にある青少年広場です。

料金

入場料などは一切なく無料で入ることができます。

駐車場情報

駐車場は向かいの与那原小学校運動場ですが、早く行かないと駐車出来なくなり路駐も禁止なので公共交通機関をなるべく使った方がいいと思います!
最近はシャトルバスも出ているので便利になっていますよ!

混雑状況

土日の2日間行われていますが大綱引きがある日曜日が人が多く混雑します。
混雑を避けたい場合は土曜日に来ることをオススメします。

ホテル情報

周辺にはホテルはありませんが東浜に民宿があります。
そこでは沖縄料理がいただけるアットホームな感じの民宿です。
ぜひ泊まって見てください!

食事

また周辺には結構食事をする場所があります。
マリンプラザ東浜という、与那原では1番大きいスーパーマーケットに、沖縄にしかないファストフードレストラン「A&W」やイタリアンレストランもあります。

雨天時の開催

与那原大綱引きは昔から農業の豊作を願う祭りで雨を降らすために始まったと言われています。
そのため、大綱引きの時期は雨が降るのがほとんどです。
雨天時の場合は台風じゃない限り一応開催はするのがほとんどです。
雨天の場合与那原町のホームページに開催するかどうかが載ると思うので行く前にチェックしておいて下さい。

見どころ

この祭りの見どころはやっぱり、綱武士と言われる男たちの姿だと思います!
この綱引きのために毎年1か月前程から自分たちの手で1から綱を作ります!
祭りの前日は夜遅くまで綱作りを行い疲れもある中あの勇ましい姿はとても感動します。
綱武士だけでなくメーモーイと呼ばれる女たちの踊りも見どころです。
東と西に別れてそれぞれの旗頭の下で踊ります。
結果がどうであっても喜ぶところがいいです!
西の綱と東の綱が合体し、かなちぼうが入った瞬間から綱引きが始まります!
このかなちぼうが入った瞬間はとても緊張し綱が波のように落ちていくので綺麗です。
与那原大綱引きは見どころがいっぱいの祭りです!

オススメの周り方

綱は最初から祭り会場にある訳ではなく、綱を作った場所から運びます!
それを道ジュネーと言い道を綱と一緒に歩くことができます。
その時に西の旗頭と東の旗頭の見せ合いのガーエーも行われるのでぜひ見てから、そのまま会場に道ジュネーで行った方がより楽しめます!
誰でも自由に綱を引くことが出来るので1度は引いてみてください!

屋台

屋台は沢山あります。
食べ物の屋台やゲームの屋台など様々で屋台ごとに味も景品も違うので楽しめますよ!!

観覧席

観覧席は無料で座ることができますが早く行かないと綱引きが始まる頃にはもう大体がうまっていて座れません!

グッズ

グッズは綱武士Tシャツです!
毎年デザインや服の素材が違うので毎年買えます!

服装

服装は綱を引くんであれば靴が絶対いいです。
草履で行くとなくなることもあるので!

子連れや赤ちゃん連れの方

子連れや赤ちゃん連れで行く場合綱を引くことはオススメしません。
大綱引きは小さい子供が引くと倒れた時に踏まれたりと怪我をする場合があるので、小学生以下の子供はあまり好ましくないです。
小さい子供が楽しめるようにちびっ子綱引きが与那原小学校で開催されているので子連れの人は行ってみてください!

また大綱引きが終わった夜には花火が上がるので1日中楽しめる祭りとなっています!
このように与那原大綱引き祭りは、見どころいっぱいの子供から大人まで楽しめる祭りになっているので1度はいらしてください!


Sponsored Link


おすすめ記事

-沖縄

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.