記事内に広告を含む場合があります

子供の自転車練習に使えるオススメの場所をチェック!

自転車の練習をする子供
最近は、広い空き地なども減っており、子供が気軽に自転車の練習ができる場所が減ってきています。

「子供に自転車の練習をさせてあげたいけど、場所が見つからない」

そんな悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

今回は、自転車の練習に最適なおすすめの場所についてご紹介します。

Sponsored Link

探せば見つかる!?子供の自転車練習に最適な公園とは?


さて皆さんは「交通公園」という公園をご存知でしょうか?

交通公園とは、子供に交通知識や交通道徳を教える為に作られた公園です。

園内には、信号機や横断歩道、道路標識などが設置されていて、遊びながら交通ルールーを学ぶことが出来るのです。

そしてその交通公園の中には自転車練習が可能な交通公園もあります。

交通公園は日本各地にあるので、調べてみると自宅の近くにもあるかもしれません。

まずは、近くに交通公園がないか調べてみるといいでしょう。

交通公園のメリット・デメリット


自転車を練習するには便利な交通公園ですが、もちろんメリットとデメリットがあります。

それぞれみていきましょう。

交通公園のメリット

・アスファルトの舗装がしてあるので、初めての練習で乗りやすい

・自転車やヘルメットの貸出もしてくれる

・信号や交差点などもあるので、交通のルールも覚えられる

この3つが主なメリットです。

それぞれみていきましょう。

〇アスファルトの舗装がしてあるので、初めての練習で乗りやすい

慣れてくればそこまで影響しないかもしれませんが、初めの内は地面が舗装されていた方が、自転車にも乗りやすいです。

土や芝生などは、バランスをとるのが難しかったり、スリップしてしまったりと事故も起きやすいので、地面が舗装されているのは安心ですね。

〇自転車やヘルメットの貸出もしてくれる

自転車の練習が可能な交通公園では、自転車やヘルメットの貸出をしている所もあります。

とりあえず練習して、乗れるようになってから自転車を買うといった選択もできます。

始めのうちは転びやすいので、安全の面でもヘルメットを貸し出してくれるのはありがたいですね。

〇信号や交差点などもあるので、交通のルールも覚えられる

交通公園では、信号や交差点などが設置してあるので、実際に走行する時の予行練習もできます。

自転車に乗れるようになっても、いきなり道路を走らせるのは不安ですよね。

そういった場合にはとても助かります。

交通公園のデメリット

・公園と比べると数は少ない

・必ず自転車の練習ができるわけじゃない

・練習に飽きた場合に遊び辛い

この3つが主なデメリットです。

それぞれみていきましょう。

〇公園と比べると数は少ない

日本各地にある交通公園ですが、普通の公園と比べると数は少ないですし、近所にない事もあります。

〇必ず自転車の練習ができるわけじゃない

交通公園が近くにあっても必ず自転車の練習が可能とは限りません。

必ずホームページなどで練習が可能かどうか調べる必要があります。

〇練習に飽きた場合に遊び辛い

交通に関する学習を目的としているので、練習に飽きてしまった場合、遊具などで遊ぶことができません。

場所によっては、普通の公園のようなスペースがある場合もあります。

あらかじめ確認しておくといいかもしれません。

普通の公園のメリット・デメリット


日本各地といっても、必ず近くに交通公園があるわけではないですし、自転車の練習が可能な交通公園も限られています。

そのような場合は、普通の公園を利用するのも選択肢に入ります。

公園を利用する場合のメリットとデメリットについてもご紹介します。

普通の公園のメリット

・近場で見つけやすい

・練習に飽きても遊具で遊びやすい

この2つが大きなメリットです。

それぞれみていきましょう。

〇近場で見つけやすい

交通公園と比べて近所を探して見つけやすいですし、元々知っている公園も多いと思うので、利用がしやすいのが大きな利点です。

〇練習に飽きても遊具で遊びやすい

子供の集中力は、そこまで長時間は続きません。

練習に飽きてしまう事も多々あります。

そんな時に普通の公園ならば遊具で遊ぶことが出来るので、簡単に気分転換ができますし、親もある程度成長したお子さんなら、遠くから見守るだけでいいので休憩を兼ねる事もできます。

普通の公園のデメリット

・地面が自転車の練習に適していない事が多い

・他の子どもが遊んでいる場合は練習ができない

この2つが大きなデメリットになります。

それぞれみていきましょう。

〇地面が自転車の練習に適していない事が多い

普通の公園の場合、地面は芝生か土がほとんどです。

慣れてくれば、問題はないかもしれません。

しかし、まだうまく自転車に乗れない段階では、かなり乗りにくい環境での練習になってしまいます。

バランスを崩しやすいですし、特に曲がる練習の時などはスリップしてしまう事もあります。

ある程度、乗れるまでは避けた方がいいかもしれません。

〇他の子どもが遊んでいる場合は練習ができない

当たり前の事ですが、他にも遊びにきている子供たちがいるので、練習が出来そうな場所で、他の子どもが遊んでいる間は練習ができません。

比較的、人の少ない時間を狙うなどの工夫が必要です。


こんなところで発見!!子供の自転車練習に最適の穴場とは!?


子供の自転車の練習に最適な都内の公園をご紹介します。

〇代々木公園

・営業時間

9:00~16:30(貸し出しは16:00まで)

・休園日

月曜日(祝日の場合、翌日)年末年始(12月29日~1月3日)

・入場料

無料

・所在地

東京都渋谷区代々木神園町、神南2丁目

自転車などの貸出も行っています。

子供専用の練習場もあり、まだ練習を始めたばかりの子供でも気軽に練習する事ができます。

〇明治神宮外苑

・営業時間

9:30~15:30(日曜・祝日のみ)

・休園日

平日は休園

・入場料

無料

・所在地

東京都新宿区霞ヶ丘町10-2

利用できるのは、日曜日と祝日のみですが、貸出も行っているほか、初心者のための練習場や5歳以上の子供の為の「自転車乗り方教室」も行っています。

〇杉並児童交通公園

・営業時間

8:30~17:00(コースは9:00~4:30まで)

・休園日

年末年始(12月29日~1月3日)

・入場料

無料

・所在地

東京都杉並区成田西1-22-13

こちらは交通公園なので、信号や標識なども設置されており、交通ルールを併せて学ぶことができます。

近くにはサイクリング場もあり、慣れてきた子はそちらでサイクリングを楽しむ事もできます。

〇小金井公園

・営業時間

9:00~16:30(貸し出しは16;00まで)

・休園日

月曜日(祝日の場合、翌日)年末年始(12月29日~1月3日)

・入場料

無料

・所在地

東京都小金井市桜町3丁目、関野町1・2丁目、小平市花小金井南町3丁目、西東京市向台6丁目、武蔵野市桜堤3丁目

サイクリング用のコースもあり、幼児向けの練習場もあります。

なんといってもSLを見ながらのサイクリングができるのが魅力的ですね。

まとめ


〇練習場所に困った時は、交通公園の利用もおすすめ!

〇貸し出しなどのサービスをしている所もある

〇都内でも独自のサービスをしている練習場所がある

今回は、自転車の練習に最適なおすすめの場所についてご紹介しました。

昔ほど場所は少なくなったとはいえ、今でも自転車の練習ができる場所はあります。

まずは近くに練習ができる場所がないか調べてみましょう。

意外と近くに交通公園など、練習ができる場所があるかもしれません。

Sponsored Link


おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました