夏バテ

夏風邪の胃腸風邪に予防接種はある?予防方法は?

投稿日:

胃腸風邪
毎年夏場になると腹痛・下痢などの症状がある、いわゆる胃腸風邪になる方が少なからずいます。

暑いからということで冷たいものを摂り過ぎて胃腸の調子を崩す場合もありますが、夏バテなどで抵抗力が落ちた時にはウイルス感染による胃腸炎になりやすくなります。

そんな夏風邪を予防するにはどうしたらよいか、この記事では胃腸風邪対策について述べています。

Sponsored Link
  

夏風邪の中の胃腸風邪


胃腸風邪(おなかの風邪)と呼ばれる感染性胃腸炎(急性胃腸炎、嘔吐下痢症)は一年を通して流行することがあります。

特に秋から冬にかけて流行するのがノロウイルスによる胃腸炎、そして冬から春に主に乳幼児に発症例が多いロタウイルスによる胃腸炎です。

合わせて冬に大流行することがありますね。


さて夏場では高温多湿に強いエンテロウイルスなどによる胃腸炎が多くなります。

これがいわゆる夏風邪のひとつで、胃腸炎のみならず頭痛・発熱、くしゃみ・鼻水、咳など、他の風邪の諸症状を引き起こすことも多々あります。


夏風邪の予防接種は?


残念ながらエンテロウイルスなどの夏風邪のウイルスには、現段階ではワクチンも特効薬もありません。

なのでインフルエンザのように予防接種を受けて予防することができません。

自分の体が持っている抵抗力でウイルスと戦うしかないのが現状です。

Sponsored Link


夏風邪の予防方法は?


手洗いとうがいをしっかりと、栄養と睡眠を十分に、という普通の風邪予防方法と何ら変わりがないのです。

ただ夏風邪ウイルスの特徴として高温多湿を好むことから、手拭きタオルなどで大繁殖する可能性があります。

いくらきれいに手を洗っても、汚染されたタオルで拭いたら意味がないですね。


それから夏風邪の予防方法としては何と言っても免疫力を高めておくことです。

感染力が強いウイルスですが、免疫力が高ければ発症しない例もあります。

また発症してしまっても軽症で済んだり、短期間で治ったりすることが期待できます。


意外に夏場に免疫力を落としてしまう原因に、エアコン等の空調の過度な冷房による冷えがあります。

勤務先、デパート、映画館など、必要があれば夏でも冷え対策を行いましょう。


そして免疫力を高める食べ物を積極的に取り入れるといいです。

夏バテ防止にも効果のあるニンニクやショウガ、それから発酵食品が免疫力向上に効果があるとされています。

特にヨーグルトやチーズに含まれる乳製品のタンパク質は、免疫力を高める力が強くなっています。

またキムチのようにビタミンや乳酸菌を大量に含む食品を食べると、腸内環境が良くなるのでさらに効果的です。

まとめ


おなかの風邪、胃腸風邪を含めて夏風邪には予防薬も特効薬もありません。

手洗い・うがいで感染を予防し、抵抗力をつけておきましょう。

免疫力を高めておくことが最大の予防策です。


酸にもアルカリにも強いエンテロウイルスは、おなかの中で増殖するので体から追い出すことに時間がかかります。

だから夏風邪は発症すると長引く事も多いので体力をつけておきたところです。



Sponsored Link


おすすめ記事

-夏バテ
-,

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.