飼い主必見!子猫のおやつはいつからOK?正しい時期を把握しよう!

子猫におやつ
おやつを与えたいなら、
子猫が生後3ヶ月~半年を過ぎてからにしましょう!

子猫を飼い始めると、いつからおやつを与えても良いのか、
イマイチよく分かりませんよね…。

でも、まだ生後間もないうちに与えてしまうと、
消化器官などが未発達なので、お腹を壊してしまうことも!

そうならないためにも、子猫におやつを与えるなら、
生後半年を過ぎてからにして、また必ず、子猫用のおやつを選んで、
食べさせるようにしてくださいね。


今回は、子猫におやつは本当に必要なのか、
おやつを与える必要性や頻度などもご紹介するので、
ぜひ大切な猫ちゃんのためにも覚えておきましょう!

Sponsored Link

子猫のおやつは本当に必要?あげていい時とダメな時の違いとは!?

子猫のおやつは絶対に必要!というワケではありませんが、
毎日の楽しみや何かのご褒美、または食欲がなくてご飯を全く食べない時に、
おやつを与えるようにしてあげましょう。

でも、おやつを与えたのに、もっと欲しがる時は、
絶対に与えてはダメですよ!

基本的に、子猫の栄養は食事から十分に摂ることが出来るので、
おやつは絶対にあげないといけない、というものではないんですね!


でもやっぱり、猫ちゃんとのスキンシップや、
コミュニケーションのためにもおやつを与えるのはとても良いこと。

少量であればおやつを毎日子猫に与えても良いですが、
特に子猫が良い子にしていた時のご褒美であったり、
食欲がなくてご飯を全く食べない時に与える、ということもおすすめ!


ただし冒頭でもお伝えしたように、子猫にはいつから、
おやつを与えて良いかというと、
生後3ヶ月~半年を過ぎてからにしましょう。

そして、与えるおやつも必ず、子猫専用のものにしてくださいね。


ちなみに我が家でも猫を飼っていますが、
おやつは猫の年齢に応じたものを選んでいます。

そして、夕食後のデザートとして、
毎日おやつを与えるようにしていますよ!


ただ、うちの猫ってペースト状のおやつが大好きなんですよね。

でもペースト状のおやつは、毎日与えると、
塩分過多になるといわれているので、お留守番を長時間させた日や、
獣医さんに連れて行った日だけ、ペースト状のおやつをあげるようにしています。

それ以外の日は、ドライタイプのおやつをあげていますよ!


でも、毎日おやつを与えなくてももちろん大丈夫なので、
おやつを与えたくなったら、きちんと量を守って、
子猫に食べさせるようにしましょう。

そうすれば子猫ちゃんも健康を損なうこともなく、
またおやつを楽しみにして、飼い主さんにすり寄ってくるようになりますよ!

Sponsored Link


あげすき厳禁!!子猫に与えるおやつの頻度を知っておこう!!

子猫におやつを与える頻度は、多くても1日に1回だけ!

我が家でも先ほども説明したように、
1日に1回、夕食後におやつを与えるようにしています。

うちの猫もそれをもう覚えているのか、
夕食後になると、ニャーニャー鳴いて、
おやつを催促するようになりましたよ(笑)。


猫って意外とおやつタイムを覚えるようになるので、
時間を決めておやつを与えるというのもおすすめですね。

もちろん、時間を決めなくても、1日に1回であれば、
おやつを好きな時間に与えても大丈夫です。

でも必ず、1日に1回という頻度をしっかり守ること!


子猫が欲しがるから、可愛いからといって、
おやつをたくさん与えてしまうと、
肥満に繋がってしまいます!

しかも、おやつを食べ過ぎると、
ご飯を食べないようになってしまうので、
栄養バランスが偏ってしまうことも…。


子猫は特に成長期で、栄養がしっかりと必要なので、
くれぐれもおやつは与えすぎないようにしてくださいね!

たとえどんなに欲しがっても、1日に1回だけ、
しっかりと量を決めてあげ過ぎないようにして与えること!

そうすれば大切な子猫ちゃんの健康を守れますよ。


やっぱり猫って、肥満にさせてしまうと、
糖尿病などの病気にかかりやすくなるし、
高いところにジャンプして飛べなくなってしまうんですよね…。

そうなると、とっても猫ちゃんがかわいそうなので、
子猫の健康をしっかりキープしてあげるためにもぜひ、
おやつをあげる頻度は1日に1回だけにしておきましょう。

我が家でも猫のおやつは子猫の頃から1日に1回だけですよ!

頻度をしっかり決めてあげれば、猫もおやつをたくさん欲しがる、
ということもないので、必ず頻度を守って与えましょう。


ただし、獣医さんに連れて行った日や、
長時間お留守番させて良い子にしていた日は、
ちょっと良いおやつを与えるのがおすすめ!

そこで、普段食べさせるおやつと、
ご褒美として与えるおやつを分けておくと良いですね。

そうすれば子猫ちゃんも喜ぶので、
より飼い主さんに懐くようになっていくでしょう。


やっぱり子猫のおやつって、与える頻度だけでなく、
どんなものを与えるかも重要なんですよね。

特にペースト状のおやつは、大好きな子猫ちゃんが多いので、
それをご褒美おやつとして、時々の頻度で与えるべし!


ちなみに、毎回同じおやつだと、飽きてくる猫ちゃんもいるので、
時々は違う味のおやつを用意して、与えるようにすると良いですね!

その場合でも、くれぐれも1日1回の頻度を忘れずに、
与えすぎには注意しましょう!

子猫におやつ

まとめ

子猫にはいつからおやつを与えて良いかというと、
生後3ヶ月~半年を過ぎてからが目安。

おやつは絶対に必要というものではありませんが、
1回の頻度で、そして適した量であれば、毎日与えてもOK!


でも出来れば、何かのご褒美用として、
ペースト状のおやつなど、ちょっと良いおやつを与える日があると、
猫ちゃんもすごく喜びますよ。


ただしおやつのあげすぎには注意が必要なので、
必ず1日に1回だけという頻度を守ってくださいね!

Sponsored Link


おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました