お祭り

ハロウィンでの子供との楽しみ方として手作りするお菓子といえば?

投稿日:

りんご飴
毎年10月31日はハロウィンですね。

なじみのうすかった日本でも、各地でハロウィンイベントが行われるようになったころからメジャーな行事となってきました。

とは言っても、まだまだお家の中で家族だけでハロウィンの夜をすごされるご家庭も多いです。

Sponsored Link


ハロウィンの子供との楽しみ方


そもそもハロウィンのルーツは、現世と霊界の間の門が開いて死者の魂や精霊、魔女などが地上をさまよう日、ということなのです。

日本で言えばお盆的な日ですね。

それでその魔物に仲間と思ってもらえるように、魔物のような仮装をするというのが原点です。

今の日本では単なる仮装パーティーになっていますけどね。

100均に行けば仮装グッズをはじめ、ジャック・オー・ランタンなどのハロウィン・アイテムがそろっているので、いくつかテーブル飾りにしておくと雰囲気が出ます。


収穫祭としての意味合いも持っている本場のハロウィンの定番ゲームに、水に浮かべたリンゴを手を使わずに口でくわえて取る、というのがあります。

実りの秋に収穫した果物を使った遊びですが、

それはちょっと…

という方にはリンゴを使ったお菓子作りをおすすめです。


ハロウィンに子供と手作りするお菓子


実は本場でのハロウィンの定番お菓子に、リンゴを丸ごとキャラメルでコーティングした、キャラメルアップルというハロウィンの伝統スイーツがあります。

これって日本でもお祭りの屋台でよく見かけるりんごあめのことですね。

世界共通のお祭りスイーツだったんですね!

お家で簡単♪ お祭りみたいな“りんご飴” レシピ・作り方

作り方は簡単なので、お子さんと一緒に作ると楽しいですよ。

Sponsored Link


ハロウィンのお菓子といえば?


アメリカでは円錐型のキャンディコーンというお菓子がハロウィンの定番になっています。

白・オレンジ・黄色の3色でトウモロコシの実の形をしていて、ハロウィン・キャンディとも呼ばれている人気のお菓子です。

が、日本ではあまり出回っていません。

輸入菓子を扱っているところでハロウィンに合わせて売られているくらいです。


なので、ハロウィンっぽいお菓子をお子さんと手作りしてみてはいかがでしょうか。

色々ありますが、やはりカボチャを使ったお菓子に人気があります。

その中でもハロウィンクッキーが作りやすくておいしいです。

カボチャたくさん!しっとりクッキー レシピ・作り方


まとめ


ハロウィンと言うと仮装が真っ先に思い浮かぶかもしれません。

それともカボチャの提灯、ジャック・オー・ランタンでしょうか。


もともとのハロウィンには、一年の収穫に感謝してお祝いする収穫祭としての側面もあります。

ですからリンゴやカボチャなどの秋の味覚を使ったお菓子作りは、ハロウィンの楽しみ方のひとつとしてピッタリですね。



Sponsored Link


おすすめ記事

-お祭り,
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.