インフルエンザ治療薬タミフルの副作用は?リレンザやイナビルは?

投稿日:

タミフル
一般的な風邪と違って、インフルエンザの場合は治療薬がありますね。

タミフル、リレンザ、イナビルなどのインフルエンザ治療薬があります。

インフルエンザも風邪と同じように、基本的に自然治癒力で治すことができるウイルス感染症です。

治療薬を投与することでウイルスの増殖を抑制することで、発熱している期間を短縮して回復を早める効果があるのですが、心配なのは副作用ですね。

Sponsored Link


インフルエンザ治療薬タミフルの副作用は?


日本では中外製薬が販売元になっているインフルエンザ治療薬がタミフルです。

発症後48時間以内に服用すると、ウィルスの増加を抑えることで、病状が重症化しないようにする働きがあります。

逆に言えば、それ以上時間がたっているとウイルスの増殖がすでにピークになっているために、タミフルの効果が期待できません。

タミフルを服用した患者さんの異常行動による死亡事故があったことで、薬との因果関係については明らかになってはいないものの、10代の未成年者へのタミフルの処方は制限されています。

主な副作用として嘔吐・悪心が報告されています。


インフルエンザ治療薬リレンザの副作用は?


リレンザにはタミフルと同じように、インフルエンザウイルスの増殖を妨げる働きがあります。

なのでタミフルと同じく発症から48時間以内に使用します。

経口薬のタミフルに対してリレンザは吸入薬になっているため、ウイルスが巣くっている上気道に直接作用するので即効性があります。

しかし小さいお子さんやお年寄りにとっては吸入するのが少し難しいため、この場合はタミフルなどが処方されます。

1日2回の吸入を5日間続けます。

たとえインフルエンザの症状が治まってきたとしてもウイルスが完全に消滅するまで、きっちり最後まで吸入することが大切です。

主な副作用には下痢などがあります。

Sponsored Link


インフルエンザ治療薬イナビルの副作用は?


第一三共で開発したイナビルは、リレンザと同じ吸入する治療薬です。

イナビルのいいところは一度の吸入で5日間薬が効くので、具合が悪いのに何回も薬を吸ったり飲んだりしなくていいところです。

主な副作用として下痢などがあります。

覚えておきたいのは、妊婦さんが使用した場合の影響ですが、流産や早産、胎児の形態異常などの有害事象は増加しなかったという論文が発表されています。

しかし開発元の第一三共からは、妊婦さんへの安全性は確立されていないと発表されています。

さらに授乳中では母乳に薬が出るので避けるようにとありました。


まとめ


この他にラピアクタという点滴のインフルエンザ治療薬があります。

点滴なので薬を飲んだり吸ったりできない場合にも使用できることが特長です。

いずれのインフルエンザ治療薬の場合も、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する薬なので、ウイルスが増殖のピークを迎える前、発症から48時間以内に投与しないと十分な効果がありません。

また、インフルエンザ治療薬に限らず薬には副作用の可能性があるので、心配なことがあれば迷わず医師に相談することをおすすめします。



Sponsored Link


おすすめ記事

-
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.