健康と美容

二日酔いを解消する方法は?サプリや薬はどう?

更新日:

サプリメントと薬
次の日の朝に、二日酔いにならないようにしようとお酒をセーブして飲んだつもりでも、いつの間にかちょっと飲みすぎたばかりに、目覚めたときの不快感に悩まされることはありませんか?

頭痛、吐き気、むかつき、だるさ、ふるえ、のどの渇きなど…

飲みすぎの反省は後でゆっくりするとして、まずはこの二日酔いを何とかしなくてはなりません。

上手に対処することで、二日酔いからの回復を早めることができます。

二日酔いを解消するための方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link


二日酔いを解消する方法


頭痛や悪心(吐き気)、めまいやふらつき…

これらは何の症状だと思いますか?

実は脱水症状なんです。

二日酔いのときの代表的な症状は、脱水によって引き起こされていることが多くあります。


アルコールの利尿作用によって、お酒の水分以上に体から水が出て行ったり、悪酔いして吐いた時にはさらに脱水が進みます。

ですから二日酔いのときにはまず水分補給が重要です。

このときに真水ばかりを補給すると、体内の電解質のバランスが崩れるので、糖分やミネラルを含むポカリのようなスポーツドリンクなどを飲むようにします。

ただ体の状態によっては成分が濃すぎることがあります。

どうも普段よりも飲みにくいと感じるときには、おいしくはないのですが水で薄めて飲むといいです。


またアルコールを分解するときには糖分やミネラルの他に、アミノ酸やビタミンなどが消費されます。

手軽なものでは味噌汁ですね。

しじみの味噌汁などが最高です。

しじみに含まれるタウリンは胆汁の分泌を促して肝臓の解毒作用を高める働きがあります。

アミノ酸やビタミンB群も多く含まれています。

それに大豆から作る味噌にはたんぱく質と塩分が含まれているので、「二日酔いにはしじみの味噌汁がいい」というのは本当ですね。


カフェインを含むコーヒーに関しては、賛否両論があります。

鎮痛剤などにカフェインが配合されていることもあるくらいなので、頭痛の緩和には期待ができますが、同時に利尿作用もあるので水分補給にはマイナスに働きます。

胃への刺激もあるので、むかつき・吐き気などがある時には避けた方が無難です。

Sponsored Link


二日酔いを解消するサプリ


しじみの味噌汁がいいとは思っても、固形物は何も口にしたくないときもありますよね。

そんな場合にはムリに食べなくてもいいんです。

胃腸が疲れているサインかもしれませんので、休ませてあげましょう。

しかし水分は頑張ってとります。

それからしじみのタウリン、ウコンのクルクミンなどが入ったドリンクを飲むのもいいでしょう。

アミノ酸が配合されたものなど、色んなドリンク剤が売られています。


ドリンク剤では物足りない方には、サプリメントになったものも各種売られています。


二日酔いを解消する薬


サプリメントやドリンクの場合は健康食品のものが多いです。

もっと効果や即効性をもとめるときには、ドラッグストアなどで売られている医薬品のタイプを買っておくとよいかもしれません。

肝臓の働きを高める成分、胃腸の調子を整える成分などが配合されています。

どの薬が効くかは体質や状態によって違いますので、いくつか試してみて自分に合ったものを探し出すしかないですね。


最も薬が効く方法は、病院へ行って注射点滴をしてもらうことです。

基本的に保険適用外となり全額負担となるので一回数千円になります。

どうしてもすぐに二日酔いを解消させたいときの最終的な方法です。


まとめ


二日酔いのときには、まずは水分補給が肝心です。

この時に体内で失われた糖分やビタミン・ミネラルを補うために、スポーツドリンクや経口補水液、果汁ジュースなどを飲むといいでしょう。

冷たい飲み物は胃に刺激を与えるので、室温かできれば人肌程度の温度が望ましくなります。


食べることができるのなら、消化の良いものをキチンと食べた方がいいです。

必要に応じて強肝剤や消化剤などの入ったサプリや薬を飲むのもよいでしょう。


ちなみに、いわゆる「迎え酒」は一時的に二日酔いの不快感を麻痺させるだけで、結果的には肝臓により負担をかけるだけで逆効果になります。



Sponsored Link


おすすめ記事

-健康と美容
-

Copyright© いろはにほへどっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.